デザインのイメージが大きく変わる!フォントの選び方

ステッカーデザインは、どのフォントを選ぶかによってイメージが大きく変わります。そのため、デザインを決める際は効果的に見えるポイントを押さえることが大切です。

書体選びの参考になる基本要素

書体選びの参考になる基本要素

フォントには様々な種類があり、印刷内容によって向き不向きのデザインがあります。適切なフォントを選ぶためには、基本となる要素を押さえておくことがポイントです。

太字・斜体に対応しているか、読みやすくきれいな文字か、ユニバーサルデザイン(誰もがクリアに見えるデザイン)に適応しているかなどが、書体を選ぶ基準として挙げられます。

これらの要素があると「可読性」「視認性」「判読性」を高めることができるため、効果的なフォントを選べるようになります。

フォント選びの手順について

フォント選びの手順について

▼ フォントの系統を選ぶ

フォントには和文フォントと欧文フォントの2種類があります。和文フォントは手書き文字・筆書体・ゴシック体・明朝体に分けられ、欧文フォントはセリフ体・筆記体・手書き文字・サンセリフ体などに分けられます。

各系統によって特徴と印象の傾向があり、明朝体・セリフ体は格調高く、手書き文字はやわらかい印象を与えます。それぞれの特徴と印象の傾向を踏まえ、印刷内容のイメージに近い系統を選びましょう。

▼ 書体を選ぶ

フォントの代表的な書体には、じゅん・AXIS・新ゴ・ヒラギノゴシック・小塚ゴシックなどがあります。ヒラギノが最も堅いイメージがあり、その次に小塚・AXIS・新ゴ・じゅんという順番でやわらかいイメージになっていきます。線の角がとがっているほど堅いイメージ、丸みがあるほどやわらかいイメージになると覚えておくといいでしょう。

▼ 書体のウェイトを決める

ウェイトとはフォントの太さのことで、太ければ太いほどインパクトがあり、細ければ細いほど繊細さを表現できます。そのため、太いフォントは男性的で力強く、細いフォントは女性的で優雅なイメージがあります。

▼ 字間を調整する

最後に、字間を調整することで、理想的なフォントに仕上げることができます。字間は狭いほど活発で明るいイメージになり、広いほどゆったりとして大らかなイメージになります。視覚イメージに訴えかけ、印象に残りやすくするには、字間を2分の1〜4分の1空けることがポイントです。

当社は長野を拠点に群馬山梨埼玉神奈川東京など周辺地域のステッカー印刷のご依頼を引き受けております。スクリーン印刷ステッカー・販売促進ステッカー・警告シールなど、様々なステッカー・シール印刷に対応しております。見積りなど詳細について知りたい方は、メールやお電話にてお気軽にお問い合わせください。

長野をはじめ神奈川・東京・埼玉・山梨・群馬等でステッカー印刷のことなら

長野でステッカー印刷なら【株式会社 シンコー】 概要

会社名 株式会社 シンコー
所在地 〒382-0098 長野県須坂市墨坂南3-1-16
電話番号 026-245-0147
FAX 026-245-3901
URL http://originality-sticker.com/
業務内容 製版、スクリーン印刷、金属・プラスチック加工印刷、シール・ステッカー印刷
説明 オリジナルステッカー印刷なら長野の株式会社シンコーへ。エクセルやワードのデータや手描きデータ、CADデータでも何でもOK!オリジナルステッカー印刷・シール印刷をいたします。カッティングステッカーや防水ステッカー、夜光反射材バイクステッカー、販売促進ステッカー、社名ロゴステッカーなどステッカー・シール印刷の事ならなんでもお任せください。

ステッカー印刷なら株式会社 シンコー|コラム一覧




| ホーム | 仕事へのこだわり | ご注文の流れ | 送料について | データ入稿の注意 | サイトマップ |
| Q&A | スタッフ紹介 | 会社案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー |